NAGAO DAINI NURSERY SCHOOL Tel.072-857-0234


HOME > 食育について > 食物アレルギー児への取り組み
食育について

食物アレルギー児への取り組み

食物アレルギー児への取り組み

保育園での給食で気になることのひとつに、食物アレルギーへの配慮が挙げられます。食育をテーマにする「社会福祉法人 長尾会 第2長尾保育園」では、除去食や代替食などにより、食物アレルギー対策にもできる限り万全を尽くしています。


当園での対処方法と注意

アレルギー反応を引き起こす「アレルゲン」となる主たるものは、卵・牛乳・大豆・小麦ですが、食生活の変化とともにその種類は増えています。当園では、園長・担任(保育士)・看護師・調理師とで検討しながら、食物アレルギーのお子さまに対して、アレルギー物質を除く「除去食」や「一部の代替食」で対応しています。
なお、お子さまに食物アレルギーがある場合、次の点にご協力ください。

  1. 保護者さまは、医療機関の診断を受け、記入してもらった『アレルギー意見書』と『関連除去食品』を園に提出してください。
  2. 毎月末に次月の給食予定献立のコピーを渡し、保護者さまに確認してもらい、除去食品をチェックしてもらいます。

代替食の一覧

当園では、アレルギーを引き起こす可能性のある食物を補うために、代替食を用意しています。なお、代替できないものに関しては除去しています。


代替食の一覧
食育について


ページトップへ